夏の日焼け対策

皆さんこんにちは。
夏も本番の暑さになってきましたね。そして、ビール大好きな方からすると最高の季節ですね。そこで
今日はそんな夏の日焼けでの豆知識。

紫外線を浴びた皮膚は、表面から皮膚組織の崩壊が始まります。
つまり火傷です。

(いきなり話が重くてすみません。)

しかし、心配ご無用。人間の皮膚はそんなにやわではないので、自力で回復しようと頑張ります‼︎もちろん水分を摂ること&皮膚を冷やす事は前提の話ではありますが。

紫外線を浴びた皮膚は冷やさない限り、炎症反応は延々続きます。寝ている間も。
ちなみにそのままだとどうなるか?
と言うと、炎症反応を続けた皮膚は体内の体温を維持する作用を失っているので、寒気が襲ってきます。
さらにビールは利尿作用があるので、排尿する度に体内の水分は出ていきます。(ビールは水分には入りませんのであしからず)

つまり日焼け、ビール、は極度の『脱水症状』になりがちということです。

そこで、日焼けにうってつけの栄養素があります。それは、『ビタミンC』です。皮膚の再生能力を促してくれます。ビタミンCは紫外線対策に効果のある化粧品にも多く使われているので、その効能をご存知の方も多いのではないでしょうか。ビタミンCはシミやそばかすの原因となるメラニン色素の生成を抑える働きのほか、肌のハリの元となるコラーゲンやエラスチンの生成を促進する働きがあります。紫外線によって、鼻の中で生成された毒素である活性酸素もビタミンC の強い抗酸化力で敵を知ることができるため、シワなどの肌の老化現象にも効果があるんです。化粧品だけでなく、体内から摂取することで効果的にビタミンCは肌に誘導することができます。
ちなみに日焼け後のオススメ料理はトマトとツナのバジルサラダだそうです。必要な栄養素がたくさん含まれています。

ただビタミンCは一定量以上は体内に蓄積できないので毎日こまめに摂取することが肝心なんです。
1日1000mgまでしか蓄積出来ません。それを超えたビタミンCは排尿されます。栄養ドリンクを飲んだ後に出る色のついた排尿はビタミンCだったんですね。
そしてC1000武○さんもようゆう意味があったんですね。

写真のジュースはうちの近所にある『makii』で売ってたアセロラジュース(ストレート)です。500mlで2500mg以上のビタミンCが入ってました。どうりで¥648もすると思った。

アセロラの原液ってピンクの濁った液なんですね。赤の透明のイメージでした。

まとめ
日焼け後は、水風呂、大量の水分補給、ビタミンC摂取、早く寝るです。

みなさんも熱中症に気を付けて夏を満喫してください。00260724-221537-80137348.jpg



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

さわやかパパ
ツーブロ×パーマ×グラス
好感‼男前スーツヘアー
AWkitchenプルミエ(大名)